宮城 新春の集い「がんばろう!東北宮城」

参議院議員・医師の桜井充氏による講演

 1月19日、ティグレフォーラム宮城「2012年新春の集い」が、仙台のホテルで開催された。郡和子衆議院議員、桜井充参議院議員、井上義久衆議院議員(代理)、岡崎トミ子参議院議員(代理)、石川光次郎県会議員、木村勝好市会議員をはじめとする議員の方々、会員さまを含め、約150名が参加された。
 第一部の講演で、参議院議員で現職の医師でもあられる、桜井充氏の「世界経済の現状」の講演を頂いた。各自に資料を配布し、世界経済をわかりやすく、統計数字、グラフで説明され、経営戦略の重要ポイントを示唆され、説得力のある講演に皆関心を抱いて聴いておられた。

NPO法人「おりづる」理事長、鈴木宏一弁護士よりご挨拶

 第二部の懇親会では、始まる前に東日本大震災にてお亡くなりになられた方々のご冥福を祈り黙祷をささげた。
 その後、主催者を代表して、谷井忠道ティグレフォーラム常任幹事が挨拶、続いて震災後会員支援のNPO法人「おりづる」の役員紹介の後、理事長のさくら法律事務所の鈴木宏一弁護士より被災された会員様の協力をしていきたいとの力強い挨拶を頂いた。
 その後、協力税理士、全建宮城他来賓のご紹介があり、アトラクションではティグレの会員でもあり地元民謡歌手、庄子惠子、娘様による民謡、踊り、トークショーと災害を一時忘れることで会場からも笑いが漏れが和まされた。
 (株)ドンクマサーの宍戸信好社長のユーモアある一本締めにて中締め、鈴木邦夫ティグレ宮城フォーラム幹事より、災害地の支援に向けてティグレグループとして協力していくとの挨拶にて散会した。
  【ティグレ宮城・鈴木邦夫】