ティグレフォーラム2010年次総会講演「税制改正の方向と税務・会計事業の将来」

本郷孔洋公認会計士・税理士 (辻・本郷税理士法人理事長)

4月16日に東京で開催されたティグレフォーラム2010年次総会に併せて、本郷孔洋公認会計士・税理士による、鳩山政権による「平成22年度税制大綱~納税者主権の確立に向けて ~」を中心に講演が行われた。
まず最初に今年は庚寅の年であり、これまでの流れや仕組みが打ち壊され、「新時代に適応する新しい仕組みの構築」が行われる年であることが報告された。今回の税制改正大綱の特徴として、納税者主権の確立がハッキリと打ち出されており、従来のような無予告の税務調査がなくなり、その反対に税務訴訟が増えるのではないとの見解が明らかにされた。