トライネット大阪 4月度異業種交流会を開催

トライネット大阪4月度異業種交流会 開催

4月3日、東大阪ではトライネット大阪四月度異業種交流会が開催されました。今回は、春にふさわしくスポーツをテーマとした交流になり、約40人が参加しました。

一題目は、昨年からプロバスケットBJリーグの大阪エヴェッサの誘致を進めてこられた東大阪市議会議員の中西進泰(なかにし・のぶひろ)さんから、『スポーツを通じた街づくり』と題して大阪エヴェッサの拠点作り、さらにスポーツ振興を通じた東大阪の街の活性化についてお話を聞きました。

二題目は、「ラグビーのまち東大阪」の顔として活動を進められてきたラグビーグッズ創生会代表幹事の中西英二さんから『ラグビーグッズ創生会の歩み』をお聞きしました。東大阪市のキャラクター《トライ君》を使ってみやげ物を作り、共同で販売をめざすものの販売促進や販売の施設などでさまざまな苦労があったことなどが語られました。

また、東大阪市が「2019ラグビー・ワールドカップ」の誘致運動を進めている関係で、会合には野田義和市長にも参加をいただき、市の姿勢についてもお話をうかがいました。参加者からは「官民が共同でさまざまなスポーツ振興をおこない、町や産業の活性化につなげていければ」という声があがっていました。