ティグレ札幌 ティグレ北海道地区交流会「債権問題セミナー」開催

9月7日(月)、札幌市内で30名のご参加をいただき、会社セミナーが開催された。今回、講師として司法書士・加藤六夫先生をお招きした。

サブプライムローンに端を発した金融危機。企業を取り巻く経営環境が急速に悪化しているなか、こうしたリスクへの対処法の一つとして「債権問題」をテーマにご講義頂いた。

冒頭、ティグレ北海道地区交流会代表・(株)札幌商建有川巖社長より「不況のあおりを受け、今後ますます債権問題が増えると予想される。そのためにも予防策として先に手を打ってほしいと思い今回開催させて頂きました」と挨拶を頂き、午後3時より2時間の予定で開催された。

講義では新規取引開始、債権の保全・回収方法など万が一の事態のための対策から対応まで具体的な事例を交えて分かりやすく説明して頂いた。「明日からでも簡単にできる契約書の作成・準備は何が必要か。」「証拠力を高くする為の法的重要ポイントは。」「取引先の情報として必要不可欠なこととは。」参加者はメモを取りながら真剣に聞き入っており、「債権問題」に対する関心の高さが感じられた。最後に和泉恵ティグレ札幌所長が挨拶し、盛況のうち終了となった。

セミナー終了後、加藤六夫先生を囲み参加希望者で懇親会が開催され、大いに盛り上がった。