京都 新春の集い「ティグレ京都10周年に向かって躍進を」

1月26日、「2007年ティグレ京都新春の集い」が京都東急ホテルで開催され、ティグレ会員をはじめ、来賓の各級議員、士業の方々など約80名が集まった。
落語家・桂福楽さんの軽快な司会と東みどりさんの癒しのピアノで始まり、高橋正人・ティグレ会長から「京都の地域に根付いた活動を今後も実践していきたい」との年始の挨拶で会は幕を開けた。
松井孝治・参議院議員、西脇邦雄・大阪府議会議員、廣瀬寿美雄・SPC全国総本部理事長、安井勉・前京都市議会議員、石田宗久・京都府議会議員、山本正・京都府議会議員(以上敬称略)の皆様からそれぞれご挨拶を頂いた。
乾杯は斎藤高士・赤帽京都理事長のご発声により行われた。しばしの歓談後、今年の統一地方選挙をふまえ、各級議員および候補者の紹介。その後、恒例のビンゴゲームで会場は大いに盛り上がった。
最後に、ティグレ京都所長・土野茂賢より京都事務所設立10周年に向かっての躍進を約束し、松藤節雄・松藤合同事務所所長の中綿めで、盛会のうちに散会した。