2006年新春講演会(東京) 財部誠一先生に300名集う

「会社は社会の公器」と明言された財部誠一氏

2006年1月26日に開催された財部誠一氏の「新春講演会」には、ティグレ会員さんを中心に300名の参加者が熱心に聞き入った。

財部誠一
(たからべ・せいいち)
1956年4月29日生まれ。’80年慶應義塾大学法学部卒業、同年、野村證券入社。
’83年同社退社。3年間の出版社勤務を経て、’86年フリーランスジャーナリスト
に。’95年経済政策シンクタンク「ハーベイロード・ジャパン」を設立し、「財
政均衡法」などの各種の政策提言を行っている。近著に『松下電器V字回復の本
質』(PHP研究所)『東京から日本経済は走り出した』(講談社)等がある。