名古屋 新春の集い「東海地方のさらなる活動強化へ」

1月18日、開港より1年を迎える中部国際空港(セントレア)内のレストランに於いて、ティグレ名古屋4年ぶりの新春の集いが開催された。各議員および長野、三重からも駆けつけてくださったティグレ会員様のご参加もあり、170人を超える盛大なものとなった。
弦楽4重奏団『ヴァイオレットカルテット』の厳かな演奏をバックに開会され、高橋正人ティグレ会長が「ティグレ名古屋の拡大は上田前会長の念願であった。今後のティグレ名古屋にご期待ください」と挨拶。来賓からは、荒木清寛参議院議員、古川元久衆議院議員、前田雄吉衆議院議員、佐藤晃久市議会議員、中岡久徳市議会議員の挨拶の後、高木浩司県議会議員による乾杯の発声により和やかな雰囲気で懇親が始まった。